総合外来について

概要

総合外来はなんでもまず相談するのに適した外来です。
内科的な疾患のほかに脳神経疾患(脳梗塞、脳出血の後遺症、しびれ、体のあちこちの痛み、頭痛など)、あるいは種々の癌に関する相談、漢方医療、どの科にかかったらいいか分からない場合などまずはご相談ください。

総合外来休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

西元 慶治
西元 慶治(にしもと けいじ)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 昭和50年卒
主な経歴 東京医科歯科大学脳神経外科学教室入局

アメリカ国立保健研究所(NIH)にて脳梗塞の研究

国立横須賀病院「脳神経外科」

東京都養育院付属病院「脳神経外科」を経て

新宿海上ビル診療所開設

現在当クリニック理事長

東京医科歯科大学老年病内科臨床教授

若手臨床のアメリカ留学制度「N Program」主宰
専門領域 漢方:日本東洋医学会認定漢方指導医

脳神経外科:日本脳神経外科学会認定専門医

老人医療

厚生行政

国際医療

受診される方へのメッセージ

整形外科、総合内科、プライマリー・ケア、がんの臨床、高齢者医療、産業医療臨床医療のあらゆる分野に興味を持っています。また専門医や専門病院との幅広い人脈を持っておりますから、ハブ空港的な便利な医者としてご利用ください。

門前 幸志郎
門前 幸志郎(もんぜん こうしろう)
卒業大学 東京大学医学部 平成5年卒
主な経歴 東京大学医学部附属病院第三内科入局

日本学術振興会特別研究員

東京大学医学部附属病院循環器内科助手などを経て

山王病院内科・循環器内科

国際医療福祉大学臨床医学研究センター 准教授
専門領域 循環器疾患全般および生活習慣病

日本内科学会認定 総合内科専門医

日本循環器学会認定 循環器専門医

日本医師会認定 産業医

日本医師会認定 健康スポーツ医

日本体育協会公認 スポーツドクター

受診される方へのメッセージ

2015年4月より、当診療所院長として着任しております。私は専門領域として、高血圧・狭心症・心筋梗塞・不整脈などの循環器疾患全般と、動脈硬化性疾患予防のための生活習慣病の治療に主に取り組んでいます。これまでのキャリアで身につけた医学的知識や技能を活かし、エビデンスに基づく的確で丁寧な診療を心掛けています。また、心臓再生医学の基礎研究に従事した経験をもとに、最先端の医学的知見を取り入れた診療を目指します。  診療所全体としては、各医師がそれぞれの専門領域の知識・技能を最大限に発揮し、またそれを補佐する医療スタッフが十分なサポートやホスピタリティーを提供することで、皆様の健康が守られ、生活の質(quality of life)が維持・向上されますよう、一致団結して努めてまいります。健康や病気に関わるご相談がありましたら、どうぞお気軽に当診療所の開かれた扉をお通りになり、医師・スタッフにお尋ねください。

川上 明夫
川上 明夫(かわかみ あきお)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 平成6年卒
主な経歴 東京医科歯科大学第3内科

都立墨東病院

横浜南共済病院

東京医科歯科大学老年病内科
専門領域 循環器疾患一般

糖尿病

脂質異常症

認知症

受診される方へのメッセージ

糖尿病、脂質異常症、高血圧症は将来心筋梗塞や脳梗塞、認知症(ものわすれ)につながる重要な疾患です。症状がないからといって放置せず早めに受診なさってください。薬物療法だけではなく生活習慣の改善も重要ですのでアドバイスいたします。

鬼塚 亮一
鬼塚 亮一(おにづか りょういち)
卒業大学 愛知医科大学医学部医学科 平成18年卒 
主な経歴 岡崎市民病院勤務(初期研修、消化器内科)

刈谷豊田総合病院勤務(消化器内科)
専門領域 消化器内科(日本消化器病学会専門医)

内科一般(日本内科学会認定総合内科専門医)

総合外来担当

日本医師会認定産業医

日本東洋医学会会員

受診される方へのメッセージ

一般内科、内視鏡検査を担当しております。今後は消化器疾患・検査だけでなく、高齢化・食の欧米化などに伴う生活習慣病など身近な疾患にも可能な限り対応させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

溝部 宏毅
溝部 宏毅(みぞべ ひろき)
卒業大学 久留米大学 昭和59年卒
主な経歴 東京女子医科大学 循環器内科・東洋医学研究所

みぞべ内科循環器医院

岩手県立高田病院

岩手県立久慈病院
専門領域 循環器疾患一般

漢方一般

日本内科学会 総合内科専門医、指導医

日本東洋医学会 専門医、指導医

日本医師会 産業医

受診される方へのメッセージ

高血圧や不整脈、狭心症といった循環器疾患を診ています。

検査をしても異常がないのに体調がすぐれない方に対して、漢方薬を使っています。リウマチやヘルペス後の痛みが、西洋薬の薬で取れない方には、生薬を使った漢方治療(院外になりますが、保険が使えます)を行います。