消化器病センターについて

概要

内視鏡検査は、病変の診断能力が高いことは充分に認識されています。しかしながら、過去に検査を受けた一部の方からの「内視鏡検査は苦しい、大変だ」といった感想や伝聞を受けて、検査が敬遠されがちなのが現状です。

当センターでは、被検者の方の要望に応じて数種類の鎮痛剤・鎮静剤を併用し、できるだけ苦痛なく検査を受けていただくことができます。さらに、胃と大腸の内視鏡検査を同日中に行なうことも可能で、検査日の短縮・身体への負担軽減という点で、被検者の方から評価をいただいております。

また、外来部門では、毎日午後は2名の消化器内科医による外来診察を行い、様々な疾患に対応しています。

当センターは、内視鏡装置数5台にて消化器健診としての内視鏡検査の需要増大などに応えており、ここ10年間で10人の内視鏡技師が誕生しています。数としては多くはありませんが、合格率は100%です。

新宿つるかめクリニック消化器病センター

当センターでは上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)・下部消化管内視鏡(大腸)による検査・治療および外来診察を行っております。内視鏡検査では皆様のご希望に応じて、また検査歴のある方は前回までの様子も踏まえて鎮静剤等を調整し、苦痛無く検査を受けていただけるよう心がけています。また上部・下部の検査を同日に受けて頂くことも可能です。

日本の人口動態調査によると、死因の第1位はがんであり、さらに臓器別にみると胃・大腸(結腸・直腸)などの消化器がんが占める割合が多いことが報告されております。国立がん研究センターのデータによれば日本人の10人に1人が胃がんおよび大腸がんに罹患するとされておりますが、これらがんの早期発見・早期治療における内視鏡の果たす役割は非常に大きなものとなっております。

そのような中で、当院における内視鏡検査数は2017年度に上部19,588件、下部3,747件と、上部・下部をあわせて23,000件を上回る件数となりました。皆様の当院への信頼の大きさを感じるとともに、これからもそのご期待に応えられるよう、センター一丸となって邁進していく所存です。

また外来診療では胃炎・胃潰瘍やヘリコバクター・ピロリ胃炎の除菌治療、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の他、近年増加傾向の逆流性食道炎や機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群などの機能性胃腸疾患、慢性肝障害や胆石などの肝胆膵疾患など、消化器疾患全般の診療にあたっており、入院治療が必要な疾患については地理的要因等も考慮して最適な病院を紹介させていただいております。健診で異常があればすぐに外来診察が受けられるのも当センターの特徴の一つです。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

当センターを皆様の健康管理にご活用いただけますと幸いです。

実績

実績

症例1

40歳代の男性、特に症状なく、健康診断にて、便潜血陽性となり、大腸内視鏡検査を施行した。
S状結腸に有茎性のポリープ(直径20mm大)を認め、当クリニックにて切除した。その結果、早期癌(腺腫内癌)であり、治療は終了した。

症例1

症例2

60歳代の女性、定期的な検診にて胃内視鏡施行した。胃内に微小な発赤あり、生検検査にて癌と診断され、胃内視鏡的な切除が可能な段階で発見され、治療のために他院へ紹介した。

症例2

よくある質問

よくある質問についてはこちらをご覧ください。

検査の流れ

上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)

検査前日

ご夕食は午後9時までにお済ませください。
ご夕食後の水分補給は構いませんが、牛乳やコーヒーなどの色のついた飲み物は避け、お水やスポーツドリンクなどをお飲み下さい。

検査当日

ご朝食は摂らずに、ご予約時間にお越しください。
なお、服用中のお薬がある方は、事前にご相談ください。
検査着にお着替え頂いた後、看護師から問診・注意事項のご説明を致します。

検査

問診などが終わりましたら、検査室へご案内致します。
担当医師がのどの麻酔・鎮静剤を注射し、検査致します。
検査終了後は、回復室のベッドへご案内致します。
鎮静剤の効き目がなくなるまで、1時間程度お休み下さい。

後日
検査時に組織生検(詳しい検査)が必要となった方は、検査結果の説明をしますので、後日ご来院下さい。

下部消化管内視鏡検査(結腸・直腸)

検査前日

消化の良いお食事(白米・うどん・卵・鶏肉・白身魚・豆腐など)を心がけてください。野菜・海藻・果物・豆類はお避け下さい。
ご夕食後の水分補給は、お水やスポーツドリンクなどであれば構いません。
就寝前に少量の下剤を内服して頂きます。

検査当日

ご朝食は摂らずに、ご予約時間にお越しください。
なお、服用中のお薬がある方は、事前にご相談ください。
検査着にお着替え頂いた後、看護師から問診・注意事項のご説明を致します。

検査

腸管洗浄剤をお飲み頂き、腸内を綺麗にして頂きます。
準備が整った方から検査室へご案内致します。
担当医師が鎮静剤を注射し、検査致します。
検査終了後は、回復室のベッドへご案内致します。
鎮静剤の効き目がなくなるまで、1時間程度お休みください。
腸管洗浄剤はご自宅でお飲み頂くことも可能です。詳しくは各窓口へお問い合わせください。

後日
検査時にポリープ切除を行った方は、検査結果の説明をしますので、後日ご来院下さい。

関連病院へのリンク

消化器病センター休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

鬼塚 亮一
鬼塚 亮一(おにづか りょういち)
卒業大学 愛知医科大学医学部医学科 平成18年卒 
主な経歴 岡崎市民病院勤務(初期研修、消化器内科)

刈谷豊田総合病院勤務(消化器内科)
専門領域 消化器内科(日本消化器病学会専門医)

内科一般(日本内科学会認定総合内科専門医)

総合外来担当

日本医師会認定産業医

日本東洋医学会会員

受診される方へのメッセージ

一般内科、内視鏡検査を担当しております。今後は消化器疾患・検査だけでなく、高齢化・食の欧米化などに伴う生活習慣病など身近な疾患にも可能な限り対応させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

田中 龍
田中 龍(たなか りゅう)
卒業大学 浜松医科大学 平成19年卒
主な経歴 社会保険中央総合病院 初期研修医・後期研修医

松和会 池上総合病院 消化器内科医員

東京山手メディカルセンター 炎症性腸疾患内科 医員
専門領域 消化器内科全般

炎症性腸疾患

総合内科専門医

内科認定医・消化器病専門医・肝臓専門医

プライマリケア認定医 / 指導医

ピロリ除菌認定医・胃腸科専門医 / 指導医

受診される方へのメッセージ

2007年に浜松医科大学を卒業し、東京都内の病院で診療を続けてまいりました。専門は潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患ですが、そのほかにも広く消化器疾患全般を診療しております。また、内科医に必須となるある程度の内科全般の診療も行っております。内視鏡では胃カメラ・大腸カメラともに、患者様に負担の少ない検査を心掛けております。上記のようなことでお悩みの方、御相談いただければ幸いです。

酒匂 美奈子
酒匂 美奈子(さこう みなこ)
卒業大学 旭川医科大学 平成13年卒
主な経歴 国立国際医療センター内科研修医

横浜市立市民病院外科レジデントを経て

東京山手メディカルセンター(旧 社会保険中央総合病院)内科勤務
専門領域 内科一般(日本内科学会認定医)

消化器内科(日本消化器病学会専門医)

受診される方へのメッセージ

消化器疾患、とくに炎症性腸疾患の診断、治療を担当しています。若い患者様も多く来院されますので、学業やお仕事をきちんと続けながら病気とつき合ってゆけるよう、ご一緒に考えて努力を重ねております。