理事長/院長挨拶

理事長/院長挨拶Greeting

理事長ご挨拶

主な経歴

東京医科歯科大学医学部1975年卒。同大学脳神経外科学教室入局。
アメリカ国立保健研究所(NIH)にて脳梗塞の研究、国立横須賀病院「脳神経外科」、東京都立養育院付属病院「脳神経外科」、を経て新宿海上ビル診療所(現:新宿つるかめクリニック)を開設する。
現在、当クリニック理事長、東京医科歯科大学老年病内科臨床教授。
若手臨床医のアメリカ留学制度「N Program」主宰。
(N Programについての詳細はこちら(外部サイトに繋がります)

 新宿海上ビル診療所は1988年3月に設立されました。お陰様で2018年に、無事30周年を迎えることが出来ました。多くの企業・組織が30年を節目に社会の舞台から姿を消すと言われておりますが、わが「つるかめ会」はみなさまのご支援の下、何とか存続の幸運を得たわけであります。この時、時代の流れを共有した平成の御代もいよいよ今年の春で終わりを告げ、新時代を迎えることになりますこと、感慨深いものがあります。

 さて、このような大きな時代の節目に当たり、われわれも長い間、慣れ親しんできた「新宿海上ビル診療所」の名称を2019年1月1日をもって「新宿つるかめクリニック」と改称し、身も心も新たに再出発いたしました。改称の理由は「新宿海上ビル診療所」と電話口で申し上げても聞き手の方になかなか復唱していただけないことがひとつ。その一方で何と言っても「つるかめ」という言葉はインパクトがあり、どなたにも一度で覚えていただけるのではないかと考えたからでございます。また「診療所」という言葉は医師1人、従業員数人の小規模な単科診療所を思わせるところもあり、当院のように常勤医師8名、非常勤医師100名以上、全従業員の数も常勤換算で140名にもなる外来総合診療所を運営する比較的大規模な医療機関にはふさわしくないのではないかという思いがあるためです。

 実際、新宿海上ビル診療所では2017年度(2017.04.01~2018.03.31)1年間に、外来患者延べ人数はおよそ85,000人、健診の受診者数はおよそ35,500人でありました。1日当たりでは外来人数はおよそ288人、健診人数はおよそ120人となっております。かくも多くの方々にご利用いただきありがたく思う反面、その責任の大きさに身の引き締まる思いが致します。

 当クリニックの医療の目標とするところは、大病院の外来部門に引けを取らないハイレベルの医療を「当たり前のこととして、当たり前に提供する」ことでございます。また社会全体の高齢化の進行をふまえ、複数科に及ぶ疾患をお持ちの受診者のみなさまへの便宜を図るべく、数多くの診療科を展開し、数多くの専門医を配置しております。まだこれで充分とは思っておりませんが、医療技術と科学知識の驚くべき拡大と高度化を目の当たりにして、それでも恐れることなく、「人のために尽くす」という素晴らしい課題に立ち向かう所存であります。
 どうぞ受診者のみなさま方には今後ともよろしくご指導とご支援のほど、心よりお願い申し上げます。

院長ご挨拶

 当クリニックの院長を務めております門前幸志郎です。ご挨拶としまして、まず簡単に私の経歴を述べますと、東京大学医学部第三内科および循環器内科の出身で、日本学術振興会特別研究員、東京大学医学部附属病院循環器内科助手、前職の山王病院内科・循環器内科および国際医療福祉大学臨床医学研究センター准教授などの職務を経て、2015年より当クリニック院長の重責を担っております。

 私の専門分野は、高血圧・狭心症・心筋梗塞・不整脈などの循環器疾患全般と、動脈硬化性疾患予防のための生活習慣病の治療ですが、総合内科医として内科疾患全般も担当しています。診療において特に心掛けていることは、医学的エビデンスに基づいた診療(evidence-based medicine = EBM)ですが、それと同時に受診者の皆様お一人お一人の病状は様々ですので、EBMに沿うことと同時に、これまでの自身の経験則も踏まえながら、それぞれの病状に応じた最適な検査や治療を選択することが肝要であると考えます。また、大学で心臓再生医学の基礎研究に従事した経験をもとに、最先端の医学的知見を取り入れた診療を目指しています。加えて、皆様へは丁寧なわかりやすい説明を行い、ご理解と同意を得た上で診療を進めるという、当たり前のことですが必要な診療理念を貫きます。

 また一方では、一個人は万能ではなく、行えることに限りがあることは医師とて同様であります。そこで必要に応じて複数の専門医が連携・協力をして、診療にチームとして臨むことも大切と考えます。その観点においては、当診療所はそれぞれの専門分野に精通した医師を多数揃えており、それぞれがプロフェッショナルとしての気概をもって診療に当たっています。また、それを補佐する看護師・薬剤師・技師・事務職員などの医療スタッフも、受診者の皆様のために十分なサポートやホスピタリティーが提供できますよう、日々努力しております。今後も皆様の健康が守られ、生活の質(quality of life = QOL)が維持・向上されますよう、全員が一致団結して努めてまいります。当診療所が受診者の皆様からの信頼を得て、診療を通じて皆様がQOLの向上と幸せの実感を得られることのお手伝いをするという大切な使命を達成できますよう、医師、医療スタッフと協力しながら当診療所を率いて参る所存です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。