糖尿病内科について

概要

糖尿病の患者は非常に多く、日本では約600万人いると推測されます。治療は一見簡単にみえますが、専門医による治療を受けるか受けないかで大きく予後が違います。

糖尿病あるいは、その疑いと言われた方は、是非一度、糖尿病専門医の診察をお受けください。お待ちしています。

1.血糖のコントロールが悪い状態が続くと重篤な合併症を引き起こします

糖尿病三大合併症は・・・

  • 糖尿病性網膜症・・・放っておくと失明
     糖尿病性網膜症による視力障害は年間に約3,500人
  • 糖尿病性腎症・・・・腎臓が機能しなくなると透析
     糖尿病性腎症によって新規に透析導入となった患者数は年間に約15,000人
  • 糖尿病性神経障害・・しびれが続く 末梢の壊死など
     足壊疽(えそ)による切断は年間3000人以上

その他にも高血糖状態が続くと全身の血管がボロボロになるので、動脈硬化も 進みます。心筋梗塞・脳梗塞・頸動脈狭窄など合併症は体中どこに発生しても 不思議ではないと言えます。

当院では、眼科・循環器科・腎臓内科・脳神経外科・神経内科・皮膚科などそろえており、糖尿病をトータルでサポートいたします。

糖尿病三大合併症は・・・

2.糖尿病は、初期には症状がなく気づかないうちに重症化する病気です

最近お腹がでてきた 太った

・このままの生活習慣をつづけると危険です。
・もしかしたらすでに糖尿病予備軍かもしれません。

のどが渇く 尿の量が多い 飲水量が多い 発汗が多い。

  • ・すでに糖尿病予備軍の可能性があります。
  • ・2次検査を受けるようにお知らせが来ていたら、必ず受診することをお勧めします。

健康診断で空腹時のどが渇く 尿の量が多い 飲水量が多い 発汗が多い

・健康診断を受けていなければ、外来の受診をお勧めします。
・糖尿病の症状かもしれません。
・健康診断で、★空腹時血糖126㎎/dl以上★ヘモグロビンA1c(NGSP)6.5%以上は糖尿病の可能性大です。
糖尿病外来にかかりきちんとした診断を受けましょう。

家族に糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・高血圧の方がいる場合も要注意です。

・厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」で糖尿病が強く疑われる成人男女が約950万人に上ることがあきらかになりました。
・糖尿病患者さんとそうでない方の寿命の差は、およそ10~13歳隔たりがあります。

自分はまだ大丈夫だろうと思わず、今のうちから適切なアドバイスを受けてください。

3.糖尿病治療について

糖尿病治療には、生活習慣の改善・食事療法・運動療法 内服薬での治療 インスリン療法 合併症のサポートがあります。

生活習慣の改善・食事療法・運動療法

糖尿病専門の医師が丁寧に問診をし、個々の生活習慣にあった指導をいたします。必要に応じて管理栄養士や看護師も指導、アドバイスを行います。
食事療法は、特定の飲食品を禁止するものではありません。食事も運動も 量やバランスを考えていただきます。

内服薬での治療

生活習慣の改善だけでは状態の改善が難しく、身体に負担がかかる場合は薬物治療を行います。薬を始めたら一生飲み続けなければいけないと勘違いされている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。身体の負担が改善し、薬に頼らなくても健康な状態が保てるようになれば、薬は止められます。

インスリン療法

できれば、やりたくない治療のひとつかもしれませんが、使用の考え方は内服薬治療同様です。膵臓がダメージを受け、インスリンが出せなくなっている状態ですので、改善するためには少し長期になる治療かもしれません。また、膵臓が健康にもどる余力がなくなるまでダメージを受けると、一生使用していかなければいけません。
★インスリン療法と言われたら・・・
インスリン療法を躊躇するのではなく、“膵臓にかかる負荷を早く取って あげる”ことを考えてください。

4.合併症のサポート

当院では、眼科・循環器科・腎臓内科・脳神経外科・神経内科・皮膚科などそろえており、糖尿病をトータルでサポートいたします。

糖尿病治療には、生活習慣の改善・食事療法・運動療法 内服薬での治療 インスリン療法 合併症のサポートがあります。

4.その他の取り組み

病診連携

当院は下記主要病院と病診連携をとっています。万が一、入院が必要な場合の対応もスムーズにできます。また、その他の病院でもご紹介することが可能です。

・がん研究会有明病院
・慶応義塾大学病院
・国立がん研究センター病院
・国立国際医療研究センター病院
・東京医科歯科大学医学部附属病院
・東京医科大学病院
・東京女子医科大学病院
・JR東京総合病院 など

糖尿病教室

年1回12月に糖尿病教室を開催しています。そこでは、毎回違ったテーマで糖尿病の情報をご提供しております。当院の患者様だけでなく、どなたでも無料で参加していただけます。ご案内は11月頃にホームページに掲載しますので、ご確認ください。

外来コールセンター
外来コールセンター

糖尿病内科休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

川上 明夫
川上 明夫(かわかみ あきお)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 平成6年卒
主な経歴 東京医科歯科大学第3内科

都立墨東病院

横浜南共済病院

東京医科歯科大学老年病内科
専門領域 循環器疾患一般

糖尿病

脂質異常症

認知症

受診される方へのメッセージ

糖尿病、脂質異常症、高血圧症は将来心筋梗塞や脳梗塞、認知症(ものわすれ)につながる重要な疾患です。症状がないからといって放置せず早めに受診なさってください。薬物療法だけではなく生活習慣の改善も重要ですのでアドバイスいたします。

洪 秀樹
洪 秀樹(こう ひでき)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 昭和49年卒
主な経歴 国家公務員共済横浜南共済病院第一内科

長野県厚生連リハビリテーションセンター鹿教湯病院内科

東京医科歯科大学医学部付属病院第三内科

東京都教職員互助会三楽病院第一内科

運輸本省大臣官房福祉課

西ドイツミュンヘン大学医学部

マックスプランク研究所留学

国立循環器病センター内科動脈硬化代謝部門

国際医療福祉大学三田病院

当診療所勤務
専門領域 糖尿病

高脂血症

肥満症

臨床栄養

(日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医)

受診される方へのメッセージ

メタボリックシンドロームの患者様を中心に診察しています。リバウンドをきたさないような減量指導、患者様のQOLを保ちつつ血糖、脂質コントロールを良好な状態に導くための治療戦略などにチャレンジしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

小沼 富男
小沼 富男(おぬま とみお)
卒業大学 弘前大学医学部 昭和49年卒
主な経歴 弘前大学第三内科助教授

ハーバード大学ジョスリン糖尿病センターを経て

現在、順天堂大学医学部高齢者糖尿病内分泌内科学特任教授
専門領域 糖尿病(糖尿病学会認定専門医・指導医)

高脂血症

動脈硬化

内科一般

受診される方へのメッセージ

糖尿病と診断されたら、早期より正しい治療と自己管理を継続することによって、”いつまでも軽症のままで”を目ざしましょう。

本間 健
本間 健(ほんま たけし)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 昭和50年卒
主な経歴 一般病院にて内科臨床に従事する一方

東京医科歯科大学医学部衛生学教室に在籍

茨城大学保健管理センター

東京医科歯科大学医学部保健衛生学科助教授を経て

現在日本女子大学家政学部教授
専門領域 糖尿病(日本糖尿病学会認定専門医)

内科一般(日本内科学会認定医)

受診される方へのメッセージ

糖尿病の患者は非常に多くなってきています。日本では約600万人いると推測されています。治療には一見簡単に見えますが、専門医による治療を受けるか受けないかで大きく予後がちがいます。糖尿病あるいは、その疑いと言われた方は、一度は専門医を受診して下さい。

中條 やえ子
中條 やえ子(なかじょう やえこ)
卒業大学 弘前大学医学部 昭和56年卒
主な経歴 東京医科歯科大学第三内科

東京都職員共済組合青山病院

都立荏原病院

都立大久保病院

東京都職員共済組合シティ・ホール診療所
専門領域 糖尿病

脂質異常症

甲状腺内科

受診される方へのメッセージ

元気で長生きをモットーに、皆様といっしょに診療をおこなっていきたいと思っています。

中野 雄二郎
中野 雄二郎(なかの ゆうじろう)
卒業大学 東京医科歯科大学
主な経歴 豊島病院

青梅市立総合病院

東京医科歯科大学医学部附属病院 糖尿病内分泌代謝内科

専門領域 糖尿病

内分泌

甲状腺

受診される方へのメッセージ

2014年4月より診療に従事しております。 糖尿病は自分で感じる異常がないのに進行します。なるべく苦労せずに合併症を予防していけるように,診療させて頂きます。長い期間つきあう病気ですが、治療には生活が大きく関わりますので一緒に生活に合わせた方法を考えていきましょう。 甲状腺の病気は働きと形態に大別されます。働きの病気はバセドウ病,橋本病に代表されますが、その症状は特徴的なものに欠けます。体重の変化、汗の量、気分の浮き沈み,そして疲れやすさが出現します。形の異常はがんに代表されるしこりが多いですが、検査をするとしこりが見つかる方は決して少なくないです 内分泌疾患は甲状腺以外にも多岐にわたりますが、珍しいので見逃されてしまいます。しかし、いくつかの病気は高血圧,肥満、高脂血症,糖尿病といった生活習慣病の原因となります。また、倦怠感や脂肪肝,やせの原因にもなります。命に関わることは多くないですが、「生活の質」に大きく影響します。 どの病気に関しても,おかしいな?と思ったら是非一度ご相談下さい。

坊内 良太郎
坊内 良太郎(ぼううち りょうたろう)
卒業大学 和歌山県立医科大学 2002年卒
主な経歴 東京女子医科大学附属病院 糖尿病・代謝内科助教

Columbia University Department of Medicine Postdoctoral Research Scientist

東京医科歯科大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科助教

国立国際医療研究センター 糖尿病内分泌代謝科/糖尿用情報センター臨床情報研究室室長
専門領域 糖尿病および糖尿病合併症に関する診療および臨床研究

多能性幹細胞を用いたインスリン産生細胞作製に関する研究

受診される方へのメッセージ

2014年4月から当クリニックの糖尿病外来を担当しております坊内と申します。大学病院では糖尿病性腎症などの糖尿病合併症をお持ちの患者さんや肥満・内分泌疾患の患者さんを主に診療し、米国コロンビア大学では糖尿病の根治につながる再生医療に関する研究を行っていました。糖尿病は様々な合併症を引き起こす慢性疾患の代表ですが、日ごろのケアでその合併症の発症・進展を抑制し、糖尿病を持たない方と変わらない生活を送ることが可能です。患者さんの気持ちを第一に考え、誠実な診療を行うように努めてまいります。