眼科Ophthalmologyについて

概要

高齢化と共に眼の病気がふえています。早期発見・早期治療で失明からまぬがれる場合が多いのですが、ご自分では判断できません。心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。その方の重症度に応じて各疾患の専門医にご紹介が可能です。

眼科休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

田村 友記子
田村 友記子(たむら ゆきこ)
卒業大学 熊本大学医学部 昭和59年卒
主な経歴 東京医科歯科大学眼科学教室入局

横浜栄共済病院を経て

現在、当診療所勤務
専門領域 眼科学会認定専門医

受診される方へのメッセージ

近年眼科学の進歩は目覚ましく、疾患概念・治療方法はかなり変化してきました。白内障・糖尿病性網膜症・網膜剥離は手術技術が器機の発達と共に非常にすすみ視力予後も向上しました。近視・乱視などの屈折異常もコンタクトレンズの向上、エキシマレーザーの導入などにより患者さんの様々なニーズに応じられるようになっております。

福島 梨紗
福島 梨紗(ふくしま りさ)
卒業大学 宮崎大学医学部卒
主な経歴 東京医療センター研修医を経て

現在、東京医療センター眼科に勤務
専門領域 眼科一般

受診される方へのメッセージ

人間は外界からの情報の大部分を眼から得ていると言われています。眼のことでご心配・ご相談がありましたら、お気軽にお尋ねください。

加藤 悠
加藤 悠(かとう ゆう)
卒業大学 横浜市立大学医学部卒
主な経歴 NTT東日本関東病院

国立病院機構東京医療センター

都立駒込病院

杏林大学医学部付属病院 助教
専門領域 眼科全般

網膜硝子体手術

白内障

緑内障

ぶどう膜炎

網膜硝子体疾患



日本眼科学会認定専門医

受診される方へのメッセージ

私は普段は先進的な大学病院で多数の網膜硝子体手術(糖尿病網膜症や網膜剥離など)や白内障手術を手掛けていますが、一般的な眼科外来における初期診療も非常に重要と考えております。あらゆる治療の可能性を念頭に置いた上での初期診療は、病気の早期発見や適切な治療タイミングをご提供する上で非常に有効であり、これまで勉強したこと経験したこと全てを皆様のお役に立てたいと考えております。

また専門的なことをわかりやすい言葉で説明し、皆様に納得理解して治療を受けて頂くことも非常に重要と考えており、分からないことがあればなんでもご質問頂ければと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

杏林大学医学部付属病院 自己紹介へのリンク