耳鼻咽喉科について

概要

耳鼻科の専門は耳と鼻と思われがちですが、正式には耳鼻咽喉科・頭頸部外科という名称で耳・鼻・口・のどや食道の一部・目を除く顔面・頸椎以外の首の病気・めまい・いびきなどを専門としています。 風邪の症状は上気道の炎症が主で合併症も耳や鼻、のどに関することが多いので「耳鼻咽喉科」は風邪の専門医といえます。

耳鼻科の利点

耳鼻咽喉科の利点は、病気の程度と広がりをファイバースコープなどで直接観察できること、またその結果に応じて投薬だけでなく、鼻やのどへの処置、ネブライザー(薬の吸入)など必要な治療を行える点です。
鼻水、鼻づまり、のどの痛み、痰などの不快な症状をできるだけ速やかにやわらげることが可能です。

主な症状

耳が痛い、耳が聞こえない、耳鳴りがする、耳でガサガサ音がする、耳がつまった感じがする (耳閉感) 鼻水が出る、くしゃみ、鼻づまり、においがしない、粘り気のある黄色い鼻汁が出る、 ほっぺたが痛い、めまい、のどが痛い、咳が出る、痰が出る、声がかすれる、 発熱、あごの下や首が痛い、首にしこりがある
上記症状のある方は耳鼻咽喉科への受診をおすすめします。

主な病気

外耳炎、中耳炎、難聴、めまい、耳鳴り、アレルギー性鼻炎(花粉症など)、鼻出血、 嗅覚障害、副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻ポリープ(鼻茸)、副鼻腔腫瘍、かぜ(かぜ症候群)、咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、声帯ポリープ、咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 など

耳鼻科の検査・検査機器について

1.喉頭ファイバー
2.CT・レントゲン撮影
3.聴力検査
4.ティンパノメトリー (鼓膜の張りをみる)
5.平衡機能検査
6.頭位・頭位変換眼振(めまいの検査)
7.睡眠時無呼吸検査

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、鼻腔周囲の骨内の空洞である副鼻腔に炎症がおきる病気です。 副鼻腔に膿がたまっている状態は、俗に蓄膿症とも言われてきました。

症状

風邪症状の後、鼻炎がひどい、 頬が痛い、 鼻の周りの痛み、 目の痛み、 頭痛や頭重感、においがわからない、黄色い鼻汁、 鼻づまり、 分泌物が鼻腔の奥から喉にたれてくる。

治療

1.主な治療は抗生剤などの薬剤の服用、鼻汁の吸引、ネブライザーでの薬の吸入などです。
2.慢性副鼻腔炎は数回の外来治療で治すことは困難で、人によって治療期間はある程度長くなりますが、改善します。
CTやMRIで真菌による炎症が疑われる場合は抗生剤が効かないため、洗浄処置を行いそれでも治らなければ手術が必要となります。
3.上顎洞(頬の辺り)の炎症の中には歯が原因のものもあり、歯科治療をお願いすることがあります。

治療の流れ

初診時にはファイバースコープで鼻茸や膿の流出がないか、鼻の中を診察します。
副鼻腔炎の診断には画像検査も重要です。
単純レントゲンの被爆量は極少量であり、外来通院期間中には鼻腔ファイバーと合わせて数回行います。


治療開始時には、感染所見が強い場合抗生物質を処方します。
薬の利き目を確かめるため、5~7日の間隔で来院して頂きます。
効果不良の場合は薬の種類を変更します。


鼻の場合は耳と違って診察のタイミングによって状態が変わる(例えば鼻をかんだ直後だときれいに見えてしまう)ので、お子さんの場合はお母さん方の家庭での観察をお聞きします。正確な状態を報告して頂けると治療の大きな助けになります。(例:鼻みずが出なくなった。痰が溜ったような咳が減った。 (黄色い鼻汁が透明になった、など)

慢性副鼻腔炎CT画像

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)だとは思っていなかったとおっしゃる方もいるほど、 潜在的な患者さんは多くいらっしゃいます。副鼻腔炎は放っておくと重症になってしまうこともあるので気になる症状がある方は耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。
慢性副鼻腔炎CT画像

アレルギー性鼻炎(花粉症など)

風邪でもないのに突然くしゃみや鼻水が止まらない。鼻づまりが続く。こんな症状が起こったら、アレルギー性鼻炎かもしれません。近年、アレルギー性鼻炎にかかる人の数は増加しており、5人に1人はこの鼻炎に悩まされています。発症の低年齢化も進んでいます。

症状

くしゃみ(発作的または続けて何回も起こる) →異物を外に出そうとする働き
鼻水(透明でさらさらしている)→異物を洗い流そうとする働き
鼻づまり(他の症状よりも後からおこりやすい) →鼻の粘膜が腫れ、鼻の通り道が狭くなることによって起こる

~鼻づまりについて~

下記は「鼻づまり」が原因で起こる可能性がある主な症状です。
鼻づまりは自覚症状として認識されにくく、自分では気づいていない場合があります。

口が渇く

口から空気を吸うため、乾いた空気が直接のどに入り、口や喉が渇くことがあります。


匂いや味がよく分からない

鼻から空気を吸えないため、匂いを感じにくくなり、その結果、味が分かりづらくなります。


咳がでる

口から息を吸う事により、のどが乾燥し、さらに異物が直接のどに入るために、咳が出やすくなります。


よく眠れない

鼻づまりがあると息苦しく、よく眠れなくなります。就寝時は日中よりも鼻がつまり やすくなるため、昼間に症状が軽くても夜に重くなることがあります。
この鼻炎には、症状が一年中でる「通年性アレルギー性鼻炎」と、一定の季節に限って症状が現れる「季節性アレルギー性鼻炎」の2つがあります。
また、2つが同時に起こることもあります。

原因

機密性の高い居住環境によるハウスダストの増加、 花粉の飛散量の増加、大気汚染、ストレス、食生活の変化 など 原因となる抗原のほとんどは、呼吸によって体内に入ってくる吸入性のものです。 繰り返し抗原を吸い込むことでアレルギー反応が起き、鼻の不快な症状が現れます。


通年性

冬に比較的強い症状がでる。暖房で窓を閉め切っていると、室内にハウスダストが飛び回り、さらに空気が乾燥 するため症状が悪化する。
合併症:ぜんそく、アトピー性皮膚炎


季節性

いわゆる花粉症はこちらに含まれます。発症時期は原因となる植物の開花時期と一致します。
鼻の症状の他に、目のかゆみ・充血(アレルギー性結膜炎)・のどの違和感、皮膚のかゆみ・湿疹、咳、頭が重たい感じなどの症状がでることがあります。

アレルギー性鼻炎の症状は、かぜの初期症状ととてもよく似ています。それぞれ治療法が異なりますので、お気軽にご相談下さい。

耳鼻咽喉科休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

多田 雄一郎
多田 雄一郎(ただ ゆういちろう)
卒業大学 山形大学医学部 卒
主な経歴 山形大学医学部付属病院耳鼻咽喉科助手

癌研究会付属病院頭頚科医員

現 国際医療福祉大学三田病院頭頸部腫瘍センター
専門領域 日本耳鼻咽喉科学会専門医

日本頭頸部がん専門医

日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度暫定指導医

日本がん治療認定医

受診される方へのメッセージ

耳鼻咽喉科の領域は、狭いながらもいろいろな病気が起こることがあります。自分は、その中でも、特に耳鼻咽喉科領域の腫瘍の診療を専門としてまいりました。のどにも、鼻にも、耳のそばにも癌はできることがあります。のどや頸部に腫れがあるようだが、放置しておいてよいのかどうか分からないといった不安がありましたら、まずは診察にお越しください。

大塚 康司
大塚 康司(おおつか こうじ)
卒業大学 東京医科大学 平成4年卒
主な経歴 東京医科大学耳鼻咽喉科勤務、准教授
専門領域 副鼻腔手術を専門に行っています。

めまい専門医

日本耳鼻咽喉科学会専門医

受診される方へのメッセージ

もし手術が必要な場合には、近隣の東京医大と連携して行うことも可能でございます。