つるかめ漢方センター

つるかめ漢方センターKampo Center

つるかめ漢方センターKampo Centerについて

漢方センター概要

当漢方センターは1998年10月より開設され、日本東洋医学会専門医制度に委嘱されている「指導施設」です。現在、総勢12名の漢方専門医(それぞれ西洋医学の分野で専門領域の知識を有している医師)を擁しており、渋谷区では有数の漢方施設です。

漢方治療について

漢方治療は、一人ひとりの患者さんの体質や自覚症状を重視し、QOLの向上を目指す「心身一如」すなわち病気を診、さらには人を診る医療であり、心身に優しい治療とも言えます。

しかしながら、漢方治療にも、得手不得手があります。 一般に漢方が劇的に効果をあらわすのは、自律神経が関与したもの、免疫機構が関与したもの、内分泌系が関与したもののいずれかであることが多いと言えます。

その一方で、漢方の弱点としては、手術を要する疾患(例えば、がん)、細菌感染症(例えば、肺炎)といったものが挙げられ、こうした病気があることがはっきりしているときは漢方だけにこだわる必要はなく、西洋医学的アプローチも大切になります。

お薬について

新宿つるかめクリニックには、140種類以上の漢方エキス剤がそろっています。診療の後、処方せんをもとにクリニック内の薬局でお薬をお渡しいたします。(煎じ薬ご希望の方は、院外処方せんになります。)

エキス剤とは一度煎じた漢方薬を凍結乾燥させたもので、顆粒、細粒、カプセル剤、丸剤などの剤形があります。エキス剤は煎じる手間がないので服用のし忘れが少なく、外に出かけるときに携帯するにも便利です。


漢方薬は自然の生薬からできた、身体を調和させていくお薬です。
心身両面に、やさしく、穏やかに働いていきます。
がんの緩和・補助治療のご案内

がん治療中・治療後の患者さんを漢方薬が支えます。

厚生労働省が2003年に実施した調査によると、がんと診断された時点で働いていた人のうちの31%が依願退職しています。

治療による体力や気力の低下、退院後の通院治療が重なり、「会社に迷惑をかけてしまう」と退職される方が多いようです。

漢方薬は、がんと診断された時から、倦怠感、気力低下、食欲不振、便通異常、しびれ、浮腫、冷えなどの症状の緩和、治療中や治療後の回復まで患者さんを支える力になります。

お気軽にご相談ください。

診断方法について

漢方診療においては、望診、問診、聞診、切診といった漢方特有の診断を行います。

望診

顔色や体格、皮膚の色、動作などをよく観ることです。この望診のなかに舌診という舌の診察があります。舌の形状や舌質の色、苔の色や厚さにより、体力や寒熱などを判断します。舌診は漢方診療において非常に大切な項目です。

問診

主訴や自覚症状、病歴、家族歴を確認する点では現代医学と同じですが、食欲、排便、睡眠、汗、口の渇き、月経の状態、冷えやのぼせなど、いくつかの必要な項目を確認し、全身状態を把握します。

聞診

声の調子や呼吸音、咳の音、おなかの鳴る音などを観察することです。においなど嗅覚による情報も聞診にあたります。

切診

体に触れて診断することで、現代医学でいう触診を意味します。この切診で特に重要なのは、脈診と腹診です。脈診は脈を診ることです。両手首の動脈に指をあてて、脈の力や速さを確認します。腹診は腹部を診ることです。腹部を触り、充実度や圧痛点を確認します。

これらの漢方的なものさしによって、個々の症状や全身状態を総合的に判断します。証は体質ともいえます。これらの個別的な所見を証といいます。証が決まるとそれに対応する漢方薬が決まります。

よくある質問

よくある質問についてはこちらをご覧ください。

受診の流れ

ご予約
完全予約制です。ご希望される医師・希望日をお電話で予約してください。
※はじめに「漢方希望」とお申し出ください。

受付
問診票のご記入が必要ですので、ご予約時間の30分前にお越しください。なお、ご持参可能な方はご予約時間通りで構いません。
※現病歴と服薬状況を用紙1枚にまとめていただけると診察がスムーズです。

ご注意

最新の検査データ(健康診断結果、あるいは他院の検査結果)があれば、必ずご持参ください
投薬の安全性を確認するため、受診の際に血液検査、尿検査、CT等の各種検査をさせていただくことがあります。

診察

問診・舌診(舌を診ます)・脈診・腹診(お腹をさわる)を含めた診察を実施します。
※舌苔を歯ブラシなどでこすり取ると、診察に差し支える場合がございます。
※脈診をいたしますので、腕時計や袖口のボタンは予め外してお待ちください。
※ボディスーツの着用はご遠慮ください。

診察終了後

診察終了後は、外来受診と同じです。外来受診の流れはこちら
お薬のお渡し、お会計がございますので、受付前の待合椅子にお掛けになってお待ちください。

つるかめ漢方センター休診情報

  • 12月30日(月)終日 稲木医師 休診
  • 12月30日(月)午後 福田(悟)医師 休診

医師紹介

西元 慶治
西元 慶治(にしもと けいじ)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 昭和50年卒
主な経歴 東京医科歯科大学脳神経外科学教室入局

アメリカ国立保健研究所(NIH)にて脳梗塞の研究

国立横須賀病院「脳神経外科」

東京都養育院付属病院「脳神経外科」を経て

新宿海上ビル診療所開設

現在当クリニック理事長

東京医科歯科大学老年病内科臨床教授

若手臨床のアメリカ留学制度「N Program」主催

専門領域 漢方:日本東洋医学会認定漢方指導医

脳神経外科:日本脳神経外科学会認定専門医

老人医療

厚生行政

国際医療

受診される方へのメッセージ

整形外科、総合内科、プライマリー・ケア、がんの臨床、高齢者医療、産業医療臨床医療のあらゆる分野に興味を持っています。また専門医や専門病院との幅広い人脈を持っておりますから、ハブ空港的な便利な医者としてご利用ください。

溝部 宏毅
溝部 宏毅(みぞべ ひろき)
卒業大学 久留米大学 昭和59年卒
主な経歴 東京女子医科大学 循環器内科・東洋医学研究所

みぞべ内科循環器医院

岩手県立高田病院

岩手県立久慈病院
専門領域 循環器疾患一般

漢方一般

日本内科学会 総合内科専門医、指導医

日本東洋医学会 専門医、指導医

日本医師会 産業医

受診される方へのメッセージ

高血圧や不整脈、狭心症といった循環器疾患を診ています。

検査をしても異常がないのに体調がすぐれない方に対して、漢方薬を使っています。リウマチやヘルペス後の痛みが、西洋薬の薬で取れない方には、生薬を使った漢方治療(院外になりますが、保険が使えます)を行います。

山内 浩
山内 浩(やまうち ひろし)
卒業大学 信州大学医学部 昭和47年卒
主な経歴 信州大学第二内科

慶應義塾大学大学院

国立栃木病院内科医長

都立大久保病院東洋医学科医長

平成10年10月より当診療所つるかめ漢方センター所長

慶應義塾大学内科講師(非常勤)

平成19年5月より当診療所つるかめ漢方センター名誉所長

山内クリニック院長

専門領域 漢方医療全般、特にアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、慢性肝炎、胃腸疾患の漢方治療に力を入れる

日本東洋医学会指導医

日本肝臓学会専門医

日本消化器病学会専門医など

受診される方へのメッセージ

漢方治療経験30数年 漢方の重要な役割は、自覚症状、愁訴を改善してクオリティ・オブ・ライフを高めることにあります。慢性疾患や難病では気力、体力が低下した虚症の人が多く、漢方独特の補益作用によって虚を補い、全身のバランスを回復し、治癒能力を高めることが大切でしょう。

小田口 浩
小田口 浩(おだぐち ひろし)
卒業大学 慶應義塾大学医学部 昭和62年卒
主な経歴 慶應義塾大学心臓血管外科

指宿鮫島病院を経て、現在北里研究所東洋医学総合研究所に在籍
専門領域 循環器疾患一般(日本循環器学会認定専門医)

心臓血管外科(日本外科学会認定医)

漢方医療全般(日本東洋医学会認定専門医)

受診される方へのメッセージ

自分の能力をフル活動させて患者さんのお役に立ちたいと考えております。よろしくお願いいたします。

稲木 一元
稲木 一元(いなき かずもと)
卒業大学 千葉大学 昭和53年卒
主な経歴 日本赤十字社医療センター内科(1987~83)、財団法人日本漢方医学研究所附属渋谷診療所副所長(1993~2002)、青山稲木クリニック院長(2002~17)を経て現職。

この間日本赤十字社医療センター内科漢方外来(1983~現在)、東京女子医科大学東洋医学研究所講師(2005~17)などを兼務。

専門領域 漢方一般

日本東洋医学会 漢方専門医、指導医

日本内科学会 認定医

受診される方へのメッセージ

漢方は学生時代から叔父である松田邦夫(日本東洋医学会元会長)の指導を受けてきました。

漢方が役立つのは、虚弱体質の人、通常の治療で十分な効果の得られない人、ご高齢の方、女性の生理痛・PMS・更年期障害・冷え性等です。

漢方の良さを生かしつつ、東西両医学の融和した医療を行いたいと願っています。

小林 瑞
小林 瑞(こばやし みずほ)
卒業大学 鳥取大学医学部 平成4年卒
主な経歴 虎ノ門病院 内科レジデント・消化器科(肝臓)医員を経て、

現在、当診療所勤務
専門領域 漢方一般(日本東洋医学会認定漢方専門医)

内科一般(日本内科学会認定専門医)

消化器科

受診される方へのメッセージ

最近テレビでは様々な健康番組がながれ、いろいろな食事療法が紹介され、実行している方々も少なくありません。しかし東洋医学的にみると、それらのほとんどは、個人個人の体質を無視したものであり、逆に体に負担をかけ、胃腸をこわしたり、腰痛、膝痛、冷えの原因をつくっていることがあります。漢方の良いところは、個人個人の体質を重視するところです。気になることは何でもご相談ください。

室賀 一宏
室賀 一宏(むろが かずひろ)
卒業大学 独協医科大学医学部 昭和63年卒
主な経歴 東京医科歯科大学第2内科に入局し、武蔵野赤十字病院、土浦協同病院、

青梅市立総合病院、都立府中病院(主に腎臓、透析、高血圧)を経て

現在、黒河内病院勤務、東京医科歯科大学老年病内科臨床准教授、

日本大学医学部 総合和漢医薬学分野兼任講師



【所属学会】日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本東洋医学会

【資格】日本東洋医学専門医
専門領域 漢方一般

内科一般

●西洋医学の専門分野

腎臓内科(透析を含む)

一般内科

●得意とする疾患(漢方)

腎・泌尿器系疾患を中心に漢方全般

受診される方へのメッセージ

「漢方は長期服用するもの」と思われがちですが、感冒などの急性疾患の場合は早目の服用で驚くほど短期間で改善することもしばしばです。治療方針を考える際、患者さんとの会話の中でヒントをいただくことも多く、時間のゆるす範囲でお話を傾聴させていただくよう心がけています。漢方を中心とした治療を行っていますが、一般内科にも対応させていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

星野 卓之
星野 卓之(ほしの たかゆき)
卒業大学 自治医科大学 平成8年卒
主な経歴 国保旭中央病院にて研修後、鴨川市立国保病院・東庄病院などで地域医療に従事

2009年、北里大学大学院医療研究科博士課程修了(東洋医学)

現在、北里大学東洋医学総合研究所漢方診療部に在籍

北里研究所病院・小金井つるかめクリニック非常勤(漢方)
専門領域 東洋医学全般(日本東洋医学会専門医)

消化器病学(日本消化器病学会専門医)

総合医療・地域医療(日本内科学会専門医)

受診される方へのメッセージ

日本漢方としてのスタンダードな診療に、現代ならではの個別化した養生指導を組み合わせて診療していきたいと考えています。よろしくお願い致します。

齋藤 絵美
齋藤 絵美(さいとう えみ)
卒業大学 山口大学医学部 平成7年卒
主な経歴 東京慈恵会医科大学産婦人科助手

北里大学東洋医学総合研究所漢方診療部医長を経て現在に至る

専門領域 産婦人科一般(日本産婦人科学会認定専門医)

漢方一般(日本東洋医学会認定漢方専門医)

受診される方へのメッセージ

通常の産婦人科診療に加え、漢方治療も積極的におこなっております。興味のある方は、ぜひご相談下さい。

堀川 朋恵
堀川 朋恵(ほりかわ ともえ)
卒業大学 東京医科歯科大学医学部 平成6年卒
主な経歴 東京医科歯科大学第一内科

青梅市立総合病院

東京医科歯科大学循環器内科

北里大学東洋医学総合研究所

専門領域 循環器内科

内科一般

漢方

受診される方へのメッセージ

西洋医学と東洋医学それぞれの良い面を生かした治療を目指しています。

石田 和之
石田 和之(いしだ かずゆき)
卒業大学 東京医科歯科大学 平成元年卒
主な経歴 東京医科歯科大学神経内科医局入局

東京医科歯科大学大学院医学研究科卒

武蔵野赤十字病院で研修、神経内科医として関東逓信病院、日産多摩川病院、埼玉県総合リハビリテーションセンターなどに勤務。

漢方医として2005年東京女子医科大学東洋医学研究所へ入局。

現在、海老名総合病院付属海老名メディカルサポートセンター勤務。

専門領域 漢方一般、内科一般、神経内科

日本神経学会認定専門医・指導医、日本東洋医学会認定専門医

受診される方へのメッセージ

頭痛、めまい、しびれ、神経痛など様々な脳神経症状に対して、西洋医学と漢方医学を組み合わせて、一人一人に合わせた治療を行っています。また、神経内科に限らず、様々な領域の疾患に対して、QOL改善のための漢方治療を実践しています。

福田 悟
福田 悟(ふくだ さとる)
卒業大学 横浜市立大学医学部 昭和50年卒
主な経歴 1976年 山口大学医学部麻酔科 助手

1983年 南イリノイ大学 リサーチフェロー

1988年 新潟大学医学部麻酔科 助教授

1999年 福井大学医学部麻酔科 教授

2006年 帝京大学医学部麻酔科 教授

現在

昭和大学医学部麻酔科学講座 客員教授

帝京大学医学部麻酔科 非常勤講師

第三北品川病院ペインクリニック科
専門領域 東洋医学(漢方・鍼)

ペインクリニック(痛みの外来)、麻酔

日本東洋医学会 漢方専門医

日本ペインクリニック学会 専門医

日本麻酔科学会 専門医・指導医

受診される方へのメッセージ

患者さんの病態により、西洋医学と東洋医学(漢方・鍼)を融合した診療を実践しています。

漢方や鍼は、体調不良、腰痛や肩こり等の慢性的な痛み、女性の更年期症状などに効果を発揮します。西洋医学だけでなく、漢方や鍼がきわめて有効な例を、私自身多数経験しています。漢方や鍼で、血のめぐりを良くし冷えをとる事が症状改善に繋がることもあります。

痛みがとれない、だるい、やる気が出ない、眠れない等、気軽にご相談ください。詳しくは”痛み診療あれこれ(https://fukudas-pain.com/)”をご覧ください。

石川 由香子
石川 由香子(いしかわ ゆかこ)
卒業大学 旭川医科大学 昭和58年卒
主な経歴 旭川医科大学眼科、旭川厚生病院、北海道漢方センター北大前区ニックを経て、

現在、新宿つるかめクリニック勤務
専門領域 漢方医療一般

日本東洋医学会専門医

受診される方へのメッセージ

現代人は、ストレス、過食、少ない睡眠時間など多かれ少なかれ生活習慣の乱れがあり、そのために体調を崩してしまいがちです。漢方は、疲れる、慢性痛、冷えるなど西洋医学で対処が難しい症状を、生体のバランスを整えることで改善していきます。少しでも症状を緩和し人生を快適なものとするために、皆様のお役に立てればと思っております。よくお話を聞き、生活習慣の見直しも一緒に考えていけたらと思います。何か悩みがありましたら、ぜひご相談下さい。

前田 ひろみ
前田 ひろみ(まえだ ひろみ)
卒業大学 日本医科大学 平成22年卒
主な経歴 2010年 厚生中央病院 初期研修医

2012年 飯塚病院漢方診療科 後期研修医

2015年 同 医長代理

2016年 あおやまクリニック

専門領域 漢方全般、内科一般

日本東洋医学会認定漢方専門医

日本内科学会認定内科医

日本医師会認定産業医

受診される方へのメッセージ

漢方の素晴らしい点はどんな症状にも何らかの治療ができるという点です。また、心と体の両方にアプローチして効果を発揮します。西洋医学での治療でなかなか改善しない症状や、その他体調でお困りのことがあれば、何でもご相談ください。少しでもお力になれるように努めてまいります。