乳腺外科について

マンモグラフィガイドライン適合機種設置施設
マンモグラフィ検診中央精度管理委員会認定 読影医・撮影技師在籍

概要

日本人の乳がん患者は急増しています。
現時点では、定期的な検診による早期発見、早期治療が最善の対処法と思われます。
但し、それぞれの個人によって乳房の様子も大きく異なりますので、専門医によってその人の乳房に最も適した診察や治療が必要になります。
気になる事があれば、早めに専門医を受診して下さい。

乳がんについて

20年前に比べて、日本人女性の乳がんが約3倍に増えています。今では15~20人に1人、毎年40,000人以上の女性が乳がんと診断されています。
35歳から急増し40代~50代がピークです。晩婚化、少子化、食生活、ライフスタイルの変化などが増加の要因です。

乳がんってどんな病気?

乳房の中にある、乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。しかし早期に発見すれば90%が治癒できます。

働き盛りの女性(30~64歳)の癌死亡原因のトップです

今、日本人女性の15人~20人に1人が乳がんにかかるといわれており乳がんで亡くなる人は年々増加しています。原因は食生活やライフスタイルの変化が女性ホルモンの分泌に影響しているためとみられています。乳がんの完全な予防法はまだ見つかっていません。

日頃から乳房の自己チェック(月1回)の習慣を

乳がんはがんの中でも自分で見つけることができる病気で日頃から乳房の自己チェック(月1回)を習慣づけることが大切です。ただし、手で触れても分からないような早期乳がんはマンモグラフィ検査や乳腺超音波検査でなければ発見することはできません。

乳がんの危険因子について

乳がんの発生に深く関わっているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。

・初潮が早くはじまり、閉経が遅い (エストロゲンの影響を長期間うける)
・初産年齢が高い又は出産経験がない・授乳経験がない
・家族(特に母・姉妹・娘)に乳がんになった人がいる
・閉経後の肥満
・ホルモン補充療法をうけている

危険因子は乳がんになる確率を高めますが、誰でも乳がんになる可能性があります。早期発見・早期治療により、高い確率で完全に治すことができます。 早期発見・早期治療のためには、「乳がん検診」を定期的(1年に1回)に受けましょう。 検査は、「マンモグラフィー(乳腺専用レントゲン)」や「乳腺超音波検査(エコー)」などの画像診断に加え、医師の視診・触診で行います。

健診コールセンター
健診コールセンター

セルフチェック

チェックは月に1回程度、乳房の張っている月経前は避けて、月経開始後5~10日以降に行いましょう。

見てチェック(視診)

1.鏡の前に立ち、自分の乳房の形、乳頭の向きなどを確認します。
・左右の位置に違いがないか
・乳頭にただれがないか
・陥没がないかといった点をチェックします。

2.乳房の表面に、小さなくぼみやしわ、腫れがないかどうかをチェックします。 乳がんのもっともできやすい場所は、乳頭の上方からわきの下にかけてのあいだですが、乳頭の内側や下方にできることもありますし、上方の鎖骨とのあいだにできることもあるので、乳房の周辺をじっくり観察しましょう。

3.次に両手を高く上げます。このとき、乳房のどこかにかすかな「ひきつれ」を感じることがあれば、その位置をチェックします。 腕を上げた姿勢のまま、少し身体をひねったりして、同様にひきつれを確認します。

触ってチェック(触診)

1.まず乳頭を指でつまみ、根元付近を少ししぼります。このとき血の混じった茶色の分泌液が出ないかどうかチェックします。

2.次に、指の腹(人さし指・中指・薬指)で乳房の表面全体を軽くなで、しこりがないかどうかをチェックします。しこりがあると、かすかに盛り上がった感じや硬い感じが、指先に伝わってきます。乳がんのしこりは硬めで、表面 はでこぼこしていて、触れても痛みはありません。

3.見た目でくぼみやしわ、はれのあった個所、ひきつれを感じた個所などは、少していねいに触ってみましょう。 表面 を軽くすべらせるようになでます。 手の表面にベビーパウダーをつけたり、入浴中なら濡らした石鹸をつけるのもいい方法です。

乳腺検査

当院の乳腺検査はすべて
女性放射線技師・女性臨床検査技師が担当をしておりますので、安心して受診してください。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィーとは、乳房専用のX線撮影装置です。
乳がんの初期である微細な石灰化や、セルフチェックではわかりにくい小さなしこりなどを検出することができます。
乳房を圧迫板とフィルムの入った板ではさみ、薄く延ばして撮影します。左右それぞれ上下と斜め方向から、計4回撮影します。
当院では最新鋭のフルデジタルマンモグラフィ装置を使用しており、検査時間の大幅な短縮、圧迫による痛みの軽減を目指し女性に優しい検査を心がけております。

マンモグラフィ検査

乳腺超音波検査

超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーを乳房にあて、はねかえってくる音波を画像化します。
触診では分からない数ミリ単位のしこりも発見できます。
検査はすべて女性検査技師が担当いたします。
授乳中はマンモグラフィでは乳腺組織が見づらいこともあり、超音波検査をお勧めしています。

乳腺超音波検査

外来コールセンター
外来コールセンター

乳腺外科休診情報

    休診情報はありません。

医師紹介

神戸 雅子
神戸 雅子(かんべ まさこ)
卒業大学 東京女子医科大学 昭和62年卒
主な経歴 昭和62年4月 東京女子医科大学病院内分泌外科入局

平成21年3月 上記退職
専門領域 日本外科学会専門医

内分泌・甲状腺外科専門医

日本乳腺学会認定医

受診される方へのメッセージ

日本では乳がんに罹る人が増えており、関心も高くなっております。しかし未だに”乳腺に異常があった場合、何科を受診するのか?”という質問に”婦人科”と答えられる方が多いようです。また、診てくださる先生が男性となると受診をためらってしまう方も多いのが現状のようです。乳がんは決して良いものではありませんが、早く見つければ、その先の人生を楽しむこともでき決して怖いものではありません。女性という立場を生かして、受診しやすく・相談しやすい外来を目指したいと思いますので、お気軽に受診下さい。

松井 哲
松井 哲(まつい あきら)
卒業大学 慶應義塾大学医学部 昭和61年卒
主な経歴 東京都済生会中央病院

慶応がんセンター

山王病院を経て

現在、東京医療センター外科
専門領域 乳がん・甲状腺疾患

消化器疾患

受診される方へのメッセージ

日本人の乳癌患者は急増しています。現時点では、定期的な検診による早期発見、早期治療が最善の対処法と思われます。但しそれぞれの個人によって乳房の様子も大きく異なりますので、専門医によってその人の乳房に最も適した診察や治療が必要になります。気になる事があれば、早めに専門医を受診して下さい。患者さんの負担の少ない診断・治療を心がけています。