メディカルトピックス

頭痛との向き合い方

3人に1人が「頭痛持ち」

難問を抱えたとき「頭が痛い」と表現するように、頭痛はとても身近な病気です。15歳以上の3人に1人、全国で3000万人以上が頭痛に悩んでいるとも言われています。

しかし、その原因は人それぞれです。

アルコールによる二日酔い、急な気温・気圧の変化、仕事や人間関係に起因するストレスや肩凝り、睡眠不足や寝過ぎ、かき氷など冷たいものを食べたとき…。

これらは原因となる病気(疾患)がとくにない頭痛で、「一次性頭痛(機能性頭痛)」と呼ばれます。一時的で、症状も比較的軽いものもありますが、慢性化すると厄介です。

一方、特定の病気(疾患)が原因となって起こる頭痛を「二次性頭痛(症候性頭痛)」と呼びます。クモ膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、けがによる頭蓋内出血が原因の頭痛や、緑内障、副鼻腔炎(蓄膿症)といった眼・鼻・耳の病気、高血圧症、神経痛などによる頭痛がこれにあたります。

とくに、脳内の疾患が原因となっている場合は、経験したことのないような激しい痛みが襲い、手足のまひやしびれ、激しい嘔吐、意識障害、言語障害、視覚異常、高熱といった症状を伴うことがあります。

二次性頭痛は、たとえ一時的に痛みが収まったとしても、原因を除去しないと再発することになります。状況によっては命にかかわることになるので、早期に医療機関を受診して原因疾患を突き止め、治療することが不可欠です。

あなたの頭痛はどのタイプ?

比較的症状が軽い一次性頭痛でも、慢性化すると仕事や日常生活に影響が出てきます。タイプ・症状によって対処方法も違ってきますので、まずは、自分がどのタイプなのかを把握することが大切です。

一次性頭痛には大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 頭の周囲の筋肉が緊張することで痛みが出る「緊張型頭痛」。
  2. 脳の血管が拡がって痛む「片(偏)頭痛」。
  3. 首の動脈や視床下部が関与しているとされる「群発頭痛」。

最も多いのは緊張型頭痛で、慢性頭痛の6~7割を占めると言われています。片頭痛は30歳前後の女性、群発頭痛は30歳前後の男性によく見られます。

タイプ別に症状と対処法をみていきましょう。

緊張型は締め付けられるような痛み

緊張型頭痛は後頭部から首にかけて頭全体がギューッと締め付けられるように痛むのが特徴です。痛みの原因となる筋肉の緊張を和らげるため首周りや肩を揉んだり、簡単なストレッチをしたりして、ある程度、予防することができます。高過ぎたり軟らか過ぎたりする枕が緊張の原因になっていることもあるので枕選びも大切です。

頭痛が起きてしまった場合は、マッサージや半身浴、温めたタオルなどで患部の血行をよくしましょう。ストレスの原因となっている作業を中断して気分転換するだけでも痛みの軽減につながります。

ズキズキ痛む片頭痛は冷やして対応

片頭痛は頭の片側(両側の場合も)がズキズキと脈を打つように痛むのが特徴です。頭痛が起こる直前、視野の中央に太陽を直接見たあとの残像のようなキラキラした点が現れることや、チクチクした感じ、失語症のような症状が出ることもあります。

寝不足や寝過ぎ、過労や空腹といったストレスが引き金になるのでご注意を。冷たいタオルを痛む部分にあてて血管を収縮させると痛みの軽減に役立ちます。

入浴やマッサージは逆に血管を拡張させてしまうため避けた方が賢明です。コーヒーや紅茶、日本茶などに含まれるカフェインを適量摂取して、暗くて静かな場所で休むといいでしょう。

眼をえぐられるような痛みが群発

群発頭痛は片方の眼が奥からえぐられるように激しく痛むのが特徴で、睡眠後しばらくして痛みで飛び起きるケースが多いようです。

半年から3年に1度の割合で症状が出て、頭痛が起き始めると、1~2か月間、ほぼ毎日、同じような時間帯に痛みが襲うため、「群発」と呼ばれています。非常に辛く激しい痛みなので専門医を受診することが必要です。規則正しい生活を心がけ、痛む間は飲酒や喫煙は避けなければなりません。

市販薬は万能ではありません

激痛を伴う群発頭痛の場合を除いて、緊張型頭痛や片頭痛の場合、多くの方は市販薬で対処しているようですが、長期にわたって頻繁に服用すると、薬が効かなくなったり、「薬物乱用頭痛」を引き起こしたりする危険性もあります。

また、緊張型頭痛と片頭痛が混在して発症するケースや、原因となる病気が存在している二次性頭痛の可能性もあるので、適切に対応するためには医療機関の受診をお勧めします。

医療機関では、原因疾患の治療が不可欠な二次性頭痛かどうかの診断を経て、一次性頭痛と診断された場合は、それぞれの症状に合わせて、痛みを緩和する鎮痛剤や吐き気を抑える制吐剤を処方してくれます。

一般的な鎮痛剤が効かないときや痛みが激しい群発頭痛のときには、トリプタン製剤の服用、皮下注射が効果的です。

最近では、漢方薬の服用も頭痛の改善に効果を発揮するといわれるようになりました。ただ、症状や体質によって個人差があるので、専門医と相談しながら自分にあったものを選択することが大切です。

身近な病気だとはいえ、「いつものことだから」「市販薬を飲んでしばらくすれば治まるから」と安易に考えるのはおすすめできません。自分の頭痛がどのタイプでどう対処したらいいのかを知るためにも、一度は専門医を受診しましょう。受診の際には、いつ、どのような状況で、どういう頭痛が起きたかを記録しておくと正確な診断の助けになります。

「新宿海上ビル診療所」は、健康診断、外来診療の両方の機能を持っています。
健康診断は、住民健診・企業健診から人間ドック、各種がん検診まで、様々なメニューに対応可能です。外来診療は、各種専門医を幅広く取り揃えています。
下記窓口までどうぞお気軽にご相談ください。職員一同、みなさまの健康長寿をサポートさせて頂きたいと考えております。
■健康診断コールセンター 03-3299-8900
■外来診療コールセンター 03-3299-0077